出版 息の詰まりそうな子どもと立ちすくむ大人のマガジン

わたしたちが住むまちの
抑圧に埋もれた小さな声に
耳をすまして、立ちすくむ。

岐阜県本巣市の大人と子どものリアルな声をもとに、子どもの権利と地域や社会について、特に「参加する権利」に焦点を当てて分析・考察した小冊子。

【販売場所】
山ノ商店

【目次】
序章   ある親子の会話
第1章  子どもの意見と参加する権利
第2章  息が詰まりそう
第3章  あたりまえに足りない
第4章  学校教育の限界
第5章  自由からの逃走 
第6章  息をするための小さなヒント
終章   立ちすくむ大人

【書籍情報】
息の詰まりそうな子どもと立ちすくむ大人のマガジン
2022年3月15日  初版発行
著者:小池達也&よだか総合研究所
定価:800円(税別)
発行者 ‏ : ‎ 一般社団法人よだか総合研究所
言語 ‏ : ‎ 日本語
文庫 ‏ : ‎ 65ページ
編集協力:中原淳(よだか総合研究所)
ブックデザイン:中村親也(KAKKO E 合同会社)
ISBN:978-4-910876-01-6

【著者プロフィール】
小池達也
よだか総合研究所 理事
コミュニティ・ユース・バンクmomo、東海若手起業塾などを経て現職。NPO等の市民活動の支援や、子どもの権利に関する調査・研究や支援活動を行っている。東京農工大学農学部、東京農工大学院農学府卒。

よだか総合研究所
岐阜西濃地域を拠点に活動するローカル・シンクタンク。当事者による自治を発見し醸成するための調査・研究や政策提言活動を行う。